皮膚炎 足脱毛


main_top
今すぐチェック

皮膚炎があっても足脱毛は可能?

足に皮膚炎がある場合は、その治療期間が終わるまで足脱毛できません。

皮膚が弱く皮膚炎になりやすい人は、治療後すぐに足脱毛をしておき、再発を防ぎましょう。

皮膚炎の上から脱毛照射はできない

足に皮膚炎などのトラブルを抱えている場合、その上からフラッシュ脱毛の光を当てられません。

その理由はフラッシュ脱毛の光は傷ついている肌には有害だからです。

有害という言い方をするとちょっと怖い感じがしますが、怖がるような強い力を持った機械ではありません。

光が届く範囲も肌のごく浅い範囲にとどまっていますから、肌内部の内臓などに到達することはありません。

極めて安心なフラッシュ脱毛の光ですが、傷口などは細胞が傷つき、本来持っているはずのバリア機能が衰えている部位です。

そこにフラッシュ脱毛の光を照射してしまうと、傷跡を残す原因になったり、肌トラブルの原因になります。

よく、肌の露出している部分にケガをした場合、ケガを日光の光に当ててはいけないと言いますよね。

あれは、日光の持つ攻撃性の高い光が、バリア機能の弱まった傷口を攻撃し、肌トラブルの原因となったり、傷の治りを遅くする為です。

日光の光とフラッシュ脱毛の光がまったく同じというわけではありませんが、皮膚炎を悪化させる原因になると言う点では同じです。

ですから、皮膚炎がある足の肌の上からフラッシュ脱毛の光を照射できません。

足脱毛しておけば皮膚炎予防になる!

足の肌の皮膚炎が治ったら、皮膚炎の予防になるので足脱毛をしておきましょう。

皮膚炎が起こる原因には様々な要因が考えられます。

足のムダ毛ケアも皮膚炎の原因になっていると考えられます。

足のムダ毛ケアをカミソリや毛抜きなどで行った場合、肌が必ず傷ついてしまいます。

そこから雑菌が侵入したり繁殖したりすると、皮膚炎が起こったり、皮膚炎を酷くしたりします。

皮膚炎が頻繁に起こる人は、このムダ毛処理が原因になっている可能性があります。

足のムダ毛は脱毛しておき、自己処理が必要ないようにしておけば、皮膚炎などの肌トラブルが起こりにくくなるでしょう。

まずはサロンスタッフに相談!

足に皮膚炎がある人はまず治療をすべきですが、皮膚炎がある程度落ち着いたら、早速脱毛サロンの無料カウンセリングを受けましょう。

サロンのスタッフは肌の状態をプロの目で判断してくれます。

肌の乾燥状態などを見て、今後の足脱毛スケジュールも立ててくれるので、まずは気軽に脱毛サロンの無料カウンセリングを受けてみましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 足脱毛@回数・料金・内容でサロンを比較ランキング! All Rights Reserved.