足脱毛 施術間隔


main_top
今すぐチェック

足脱毛の施術間隔が開き過ぎる場合

足脱毛は多くのサロンで2~3ヶ月おきに通うことが多いです。

しかし、学校の行事や仕事の忙しさなどによっては通えない時期がある場合もありますよね。

施術と施術の期間があまり多く開いてしまうと、同じだけ脱毛を受けていても、効果が薄れる可能性があります。

その理由は大きく分けて3点あります。

理由1:毛周期に合わせて通うのがベストだから

足脱毛の施術日の間隔が開きすぎるといけない理由の1つは、毛周期に合わせづらくなる為です。

毛周期は脱毛する部位によっても異なりますし、毛穴ごとにも異なります。

一方で、脱毛サロンでフラッシュ脱毛をする場合、休止期にある毛根の毛母細胞にはダメージを与えられないので、脱毛効果がありません。

つまり、毛が生えている部分の毛根にしか効果がないことになります。

そこで、足の一般的な毛周期と、毛穴1つ1つの周期のずれを計算して、足脱毛をする際には脱毛スケジュールを組んでいくことになります。

足脱毛の場合多くが2~3ヶ月間隔で脱毛日の期間を空けることになります。

しかし、脱毛日の間隔があまり開きすぎると、休止期にちょうど当てはまってしまい、2回3回と脱毛を受けてもずっと脱毛効果を受けられない毛根が出てきてしまう可能性があります。

より多くの毛根に脱毛効果を与える為にも、やはり2~3ヶ月周期で足脱毛に通うのがベストですね。

理由2:モチベーションが下がって通いにくくなるから

あまり脱毛日の間隔をあけるのがいけない理由の1つに、モチベーションの問題があります。

脱毛を始めた時には脱毛に対するモチベーションも高く、多くの人が脱毛成功にむけて適切な保湿ケアや紫外線ケアなども念入りに行います。

しかし、あまり脱毛日の期間が開いてしまうと、脱毛に対するモチベーションが下がってしまい、保湿ケアや紫外線ケアを怠りがちになってしまいます。

結果的に、あまり間隔をあけてモチベーションが下がった状態で脱毛をすると、1回あたりの脱毛効果も下がってしまい、回数的にはきちんと通っていても、効果の面で足脱毛が不成功に終わってしまう可能性が出てきてしまいます。

理由3:脱毛期間が長引いて保湿ケアなどが億劫になる

施術日の間隔が開くと、その分足脱毛をしている脱毛期間が長くなります。

すると、毎日しなければならない保湿ケアや紫外線ケアも、脱毛をしていない期間と比べるとより念入りに行わなければなりませんから、念入りにしなければならない期間が長引いてしまいます。

肌をいたわる期間が長いと、途中で脱毛を諦めてしまう原因につながります。

これらの理由から大きな理由が無い限りはあまり施術と施術の期間を空けないほうが良いでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 足脱毛@回数・料金・内容でサロンを比較ランキング! All Rights Reserved.