足脱毛中 ボディピーリング


main_top
今すぐチェック

足脱毛中のボディピーリングには注意

足脱毛期間中の保湿ケアにボディピーリングを使うのは少し注意が必要です。

そこで今回はピーリングを使う際の注意点についていくつかご説明しましょう。

注意点1:頻繁に行わない

ボディピーリングを頻繁に行わないようにしましょう。

ボディピーリングにも注意事項で書いてあるはずですが、あまり頻繁に行うと、足の肌を深く傷つけてしまう場合があります。

特にピーリングによる傷は肌を広範囲に傷つけてしまい、傷ついてもしばらく気づかないような場合もあるのです。

ボディピーリングは毎日行ってはいけません。

あくまで溜まってしまった古い角質を剥がすためのものですが、頻繁に行うと下から出てきた新しい皮膚も傷つけてしまいます。

足脱毛期間中は、足の肌が刺激に敏感になっています。

ピーリング剤の使用上の注意を守り、使用してもいい頻度よりもなるべく間隔をあけて行うようにしましょう。

注意点2:一カ所に集中して行わない

角質が気になる部分があっても、一カ所に集中してピーリングをゴシゴシ行うのはよくありません。

使用方法を守り、力を入れすぎないようにしながらボディピーリングを行うようにしましょう。

ボディピーリングを1回使用すれば、硬くなった角質を剥がせるわけではありません。

角質が硬くなってしまっている部分も、長い年月をかけ、古い角質を溜めないようにすることで、解消できます。

ですから、ボディピーリングをゴシゴシ一カ所に集中して行って解消できるものではないのです。

集中的にこすると、かえって肌を傷つけ、肌の硬質化を促進してしまう場合もあります。

手のひらを使うなどして、あまり力を入れずに優しく行うよう心がけましょう。

注意点3:ピーリング後の保湿ケアに時間をかけて

ボディピーリングを足脱毛期間中に行う際は、ピーリング後の保湿ケアを念入りに行いましょう。

ボディピーリングで足をケアする時間を1とするとその5倍くらいは時間をかけ、丁寧に隅々まで優しくマッサージしてあげましょう。

ボディピーリングには時間をかけず、短時間で済ませましょう、

あまり長時間かけると足の肌を傷つける可能性があります。

ピーリング後の肌は水分保持の機能が未熟なこともあるので、しっかり保湿ケアを施し、足の健康な肌状態を保つよう努力しましょう。

これらの注意点を守ってボディピーリングを行えば、足脱毛期間中であっても、特に大きな問題はないでしょう。

ただし、脱毛予約をしている日の前日や、前後2週間くらいは足の肌を落ち着かせる必要があります。

ですから、その間のピーリングは避けるようにしましょう。

そうすれば足脱毛を成功させながらツルスベ足を目指せるでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 足脱毛@回数・料金・内容でサロンを比較ランキング! All Rights Reserved.