足脱毛 埋没毛ケア


main_top
今すぐチェック

足脱毛の埋没毛ケア

足脱毛に埋没毛ケアをした方がいい?

埋没毛とは皮膚に埋もれたまま成長してしまった毛のことで、見た目も非常に悪いです。

特に足に多くみられる現象で、カミソリで剃れないので困っている人も多いでしょう。

そんな埋没毛も足脱毛中にみられることがあるのですが、ケアをしなくても大丈夫なのでしょうか?

埋没毛はなぜできる?

埋没毛は成長期にあるムダ毛を、無理やり毛抜きなどで引っこ抜いたときによくできます。

途中で切れてしまった毛が毛穴の中で斜めに伸びて埋没毛になることがありますね。

あるいは毛穴を角質がふさいでしまい、うまく毛が外に出ないことがあります。

肌は傷ついてしまうと自己治癒機能が働き、角質が厚くなりがちなのです。

毛抜きだけではなくカミソリ処理で肌が傷つくと、角質が増えてしまいます。

そのせいで埋没毛は数が増えてしまうのです。

埋没毛でも脱毛できる?

フラッシュ脱毛の場合ですが、皮膚下にある毛根に反応させて脱毛します。

ですから角質に覆われているムダ毛があったとしても、脱毛するのは十分に可能です。

ただし、埋没毛に向けて照射できたとしても、そこから自然に抜け落ちることはありません。

埋没毛を覆っている角質を取り除いてあげないといけないのです。

足脱毛前後の埋没毛ケア

埋没毛を覆っている角質を取り除くには、ピーリングを使う方法があります。

しかしピーリングは肌への刺激になるので、脱毛直後にはしない方がいいでしょう。

どうしてもピーリングをしたいなら、脱毛する1週間前にしておきましょう。

前もってピーリングで角質を取っておけば、脱毛施術を受けても毛は自然に抜け落ちるようになります。

もし脱毛後にピーリングをしたいなら、毛が抜け落ちる頃を見計らって2週間後に合わせてやってみましょう。

ただし、ピーリングでも粒子が粗いスクラブを使ったり、刺激の強い成分が入っていたりするものを使うのはよくありません。

できるだけ肌にマイルドなタイプを選び、角質の厚くなっている部分だけ行うようにして下さい。

ピーリング剤を使わなくてもお風呂に浸かって皮膚を柔らかくし、タオルで優しく擦るだけでも効果があります。

無理な方法を用いて肌荒れが起きないように、十分に注意しましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 足脱毛@回数・料金・内容でサロンを比較ランキング! All Rights Reserved.