脱毛部位 日焼け止め


main_top
今すぐチェック

脱毛部位に塗った日焼け止め

脱毛部位に塗った日焼け止めはしっかり落とす!

足脱毛期間中の人は、脱毛部位に塗った日焼け止めをしっかり落とすことも忘れずに行いましょう。

夏場は特に紫外線も強くなりますし、足の露出頻度も増えますよね。

足を露出する際、忘れずに日焼け止めを塗っている人は多いですが、足に塗った日焼け止めをしっかりオフしている人は意外と少ないです。

そこで今回は、脱毛部位に塗った日焼け止めをしっかり落とす方法をいくつかご紹介しましょう。

方法1:ボディ用マッサージオイルなどでオフする

足に塗った落ちにくい日焼け止めは、まずボディ用のマッサージオイルなどでオフしましょう。

ボディ用のマッサージオイルが用意できない場合は、フェイス用のクレンジングオイルでも良いです。

ただ、この場合顔と違って足は広範囲の為、伸びが悪くて使用しにくい場合があります。

さらに、オイルによるツッパリ感が出てしまう恐れがあるので、フェイス用のクレンジングオイルを使用する際は入浴後の保湿ケアをより念入りに行いましょう。

日焼け止めの中にはお湯や石鹸で落ちるタイプのものもありますから、日常的にはこのような落としやすいものを使用しましょう。

日差しを浴びる時間が多いときは、ウォータープルーフタイプで落としにくいものを使用します。

このようなときは、方法1のようにクレンジングオイルやマッサージオイルでしっかりオフしましょう。

方法2:油系の汚れをしっかり落としてくれるもので洗う

次に、油系の汚れに強い固形石鹸などでしっかり体を洗いましょう。

このとき、固形石鹸でも液体ソープでも、しっかり泡立てるように注意しましょう。

泡立ちが足りないと、肌に残った日焼け止めがしっかり落ちなかったり、肌をごしごしこする原因になります。

ごしごしこすってしまうと、肌には見えない小さな傷がついてしまいます。

この傷からばい菌が入って、肌に炎症などのトラブルが起こることもあります。

しっかり泡立てて、泡を押し当てよるようにして、優しく洗い、最後にしっかりお湯で洗い流すことを忘れないようにしましょう。

石鹸残りがあると、日焼け止めの落とし忘れと同じくらい良くありませんからね。

方法3:入浴後の保湿マッサージで自浄作用を促す

最後に、入浴後の保湿マッサージで肌を元気にしましょう。

日焼け止めをしっかり落とそうとすると、必要な皮脂まで落としてしまいます。

ですから、肌から水分が奪われてしまわない為にも、普段以上に念入りな保湿ケアが必要なのです。

さらに、このときの保湿ケアを念入りに行うことで、肌が元気になれば、肌が本来持っている自浄作用が保たれます。

自浄作用によって、日焼け止めの落とし忘れがより一層減らせるのです。

これらの方法を実践し、足脱毛期間中に日焼け止めの落とし忘れによる肌トラブルのないようにしましょうね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 足脱毛@回数・料金・内容でサロンを比較ランキング! All Rights Reserved.